シミをなくすにはトレチノインがおすすめ

この記事は約 2 分で読めます。

シミや色素沈着があると、レーザーでの脱毛や美肌器のケアが行えないケースが多いようです。
レーザー脱毛機は黒い色に反応して、無駄毛を処理するという特性を持っています。
もし、肌にシミや色素沈着があった場合、皮膚にレーザーの熱が吸収され火傷のリスクが高まるのです。
ですので、クリニックではシミや色素沈着がある部分のレーザー脱毛機による施術は避けたり、美白治療を行ってから施術を行う所が多いと言われています。

また、美肌器も余計な刺激を与えて、よりシミや色素沈着が悪化してしまう恐れがある為、使用は控えましょう。
シミ・色素沈着がある事でレーザー脱毛機や美肌器の使用が、制限されているという場合、「トレチノイン」による美白ケアがお勧めです。

トレチノインは美容皮膚科など、医療機関で処方される外用薬に配合されている成分の1つです。
ビタミンA誘導体の1つで、トレチノインはビタミンAのレチノールよりも、効果は約50倍から100倍にも上ると言われています。

トレチノインはシミや色素沈着の元となっている、メラニンを含んだ肌細胞を、体外へとスムーズに排出する作用に長けています。
肌の最も奥にある「基底層」と部分に、トレチノインは作用します。
基底層にある肌細胞の働きを活発にさせ、どんどん新しい肌細胞を作らせるのです。
新しい肌細胞がスムーズに作られるようになると、メラニンを含んだ肌細胞は徐々に、肌表面へと上がってきて、最終的には古い角質として剥がれ落ちます。

このように、トレチノインは肌のかなり奥深い所に沈着してしまったメラニン色素も、排出する効果がある為、美白治療に有効として多くのクリニックで処方されるようになりました。