30代で気をつけたいスキンケアのポイント

この記事は約 2 分で読めます。

30代の肌には、様々な変化があらわれます。
まず、それまでの年代では気にならなかったようなしみやしわ、たるみと言った現象があらわれ出してきます。
また、それまでの年代だったら1日で回復したような肌ダメージが、回復に非常に長い時間を要するようになるのも、この年代にあらわれる肌変化です。
いわば、これらの理由としては、女性ホルモンの分泌量が僅かながらも減少し始める、肌の潤いを保持する力が弱くなってくることなどを挙げることができます。
しかし勿論、これには個人差があります。
そしてその個人差があらわれる理由の一つに、スキンケアの存在を挙げることができます。
日々のスキンケアで、どれだけ肌の手入れをしているかによって、数年後の肌状態は着実に変化します。
ですから、肌老化の兆しがあらわれはじめている30代だからこそ、40代、50代、そしてそこから先の肌状態を少しでも良いものにするために、ポイントを抑えたスキンケアを行うことが重要なのです。
30代のスキンケアで徹底したいのが、紫外線予防です。
特に30代の人で、現在、肌のたるみが気になっていると言う人は、この対策を徹底するか否かで、数年後の肌状態のあり方が劇的に変わります。
紫外線の内、A波は、数年をかけてじわじわと肌弾力の元である成分を破壊します。
つまり、これを防いでおかないと、数年後、肌のたるみがより酷くなっているかもしれないのです。
ですから通年、紫外線対策を行うことは必要不可欠です。
また肌内部の潤い保持機能を高めるスキンケアも重要です。
これには、セラミド入りのスキンケア製品を利用するのがおすすめです。
30代から着実にその機能を高めておけば、年齢を重ねても潤いを保つことのできる肌状態を期待することができます。
そして肌にかけた負担を取り除き、肌をじっくりと休めるために、その日のメイクは必ず、その日の内に落とすことも忘れてはならないスキンケアです。